総合内科の役割・教育

  1. トップページ
  2. 総合内科の役割・教育

ベッドサイド教育を大切にしています

たくさんの検査ができる医療機関で働いていると検査をしなければ診断ができないような錯覚に陥りますが、それは大きな間違いです。検査の重要性をないがしろにするつもりはありません。しかし、患者さんの訴えにしっかりと耳を傾け、基本的な身体診察を正確に行うことが診断には最も重要です。

養成目標

  1. 詳細な病歴を聴取し、基本的身体診察を行う能力を身につける
  2. 得られた情報を批判的に考察し、臨床推論を展開する
  3. コミュニケーション能力を高め、他職種と良好なチーム医療を行う

教育の一例

心電図セミナー

月曜日から金曜日の午前8:00-8:30は、宗像源之先生が心電図の読み方を講義します。研修医は毎年心電図検定を受けて腕だめしをしています。

研修医カルテチェック

研修医が当直で診療した全ての患者カルテは、宗像源之先生により赤ペンチェックが入ります。どうしてこの疾患を想起しなかったのかという厳しい指摘を受けることもあります。時には「よくできました」のハンコをもらってニッコリ。
「宗像先生の赤ペンチェックがあるので、この病院で研修することに決めました」という研修医が続出しています。

外来診療教育

毎週火曜日と水曜日の午前は、内科初診外来で医学生や研修医と一緒に診療しています。問診票だけを渡されて「30分以内に病歴と診察所見から鑑別診断と必要な検査を考え、山中にプレゼンすること」と課題を与えられます。「むちゃぶり外来」と呼ばれ評判が悪いです。

プレッシャーの中で必要な情報を効率的に集め臨床推論を展開する訓練です。診察した疾患に対するミニレクチャーも行なっています。

研修医勉強会

研修医勉強会は毎週水曜日19時から1時間、研修医室で開催されています。
勉強会で取り上げた、または診療で遭遇した疾患の重要ポイントをまとめ、研修医たちにLINEで送っています。
院外からの参加も大歓迎です。ぜひお気軽にご参加ください。

研修医勉強会の例(2019年版)

  • 4月
    • 後索障害によるふらつき
    • 先端肥大症
    など
  • 5月
    • ジギタリス中毒
    • 皮膚筋炎
    • Toxic Shock Syndrome
    など
  • 6月
    • 偽痛風
    • Wernicke脳症
    • アルコール離脱症候群
    など
  • 7月
    • 髄膜炎菌感染症
    • 脳静脈洞血栓症
    • 顔面の蜂窩織炎
    など
  • 8月
    • 風疹
    • 薬剤性過敏症症候群
    • 熱中症
    など
PAGE TOP